教会なんでも Q & A

Q : 教会は誰が行ってもよいのですか?

A : もちろんです。

キリストの教会は年齢、職業、性別を超えて全ての人に開かれています。

 

Q : 個人的な相談があるのですが?

A : ご相談ページからメール送信できます。お手紙やお電話、直接お会いしてのご相談もうけたまわります。尚、ご相談内容が第三者に知られる事はありません。

 

Q : 参加費や会費がかかりますか?

A : そのような費用はいっさいありません。

当教会では全ての集会及び礼拝中の献金はありません。献金はされても、されなくても自由です。尚、献金をされる方は後方にある献金袋に無記名にてお願いしております。

 

Q : いつ伺えばよいでしよう?

A : 日曜日10時半からの礼拝へどうぞ。

毎週日曜日の朝10時半から行われている教会の礼拝で、あなたもキリストの愛を見つけてみませんか。

 

Q : どんな服装で行けばよいでしょう?

A : 普段着でどうぞ。

いつもどおりの服装で気軽にお越しください。

 

Q : 礼拝には何か用意してゆくものがありますか?

A : 特にありません。

聖書 や 讃美歌 は教会備え付けをお貸しできます。もちろんご持参頂いても結構です。

 

Q : 聖書に興味があるけど、宗教はちょっと…

A : 無理に宗教心を持たせるような事はいたしません。

聖書の中に何があるのか、礼拝を通してご自身で感じ取って頂く事を大切にしています。聖書は自分の人生を正面からとらえて生きてゆく、その確かな土台を提供します。

 

Q : 讃美歌は知りませんし、歌は苦手なんですが…

A : 教会ではどのような事も一切強制される事はありません。

讃美歌が初めての方や歌が苦手という方は、他の方が歌われる讃美歌に耳を傾けて頂ければと思います。

 

Q : 聖書に興味はありますが今まで読んだ事はありません。またイエス・キリストが誰かも知りませんがそんな私が教会へ行ってもよいのでしょうか。

A : もちろん大歓迎です。

当教会はそのような方のために始まった教会でもあります。ご一緒に聖書を通してイエス・キリストの生涯からご自身で何かを感じ取って頂ければと思います。

 

Q : 私の家はキリスト教ではないのですが、教会へ行ってもよいのでしょうか?

A : 大丈夫です。

ご自身やご家族がキリスト教ではない方でも礼拝へはどなたでも参加できます。また参加された方に無理に入信を勧めたりする事はありません。

 

Q : 一度参加したら、もう抜けられないのでは?

A : そのような事は絶対にありません。

当教会では個人の信教の自由を尊重し、礼拝出席への強制や無理な改宗や勧誘などは絶対に行いません。どうぞご安心ください。

 

Q : なにか資格のある人が集まっているところでは?

A : なんの資格も必要ありません。

神に出合うために必要な資格はありません。私たちが心から神を求める事が大切です。

 

Q : 子どもを連れていってもよいでしょうか?

A : どうぞご一緒にお越しください。

元気なお子さんたちと共に捧げる礼拝はとても素晴らしいものとなります。主イエスも幼子がご自身に近寄られるのを妨げてはならないと語られました。

 

Q : 家の教会とは?

A : キリスト教最初期の教会です。

初代教会において、集会もしくは礼拝は専ら個人の家で行われ、自分の家を教会の諸集会に開放する熱心な信徒がいた。エルサレムではマルコの母マリヤの家に大ぜいの人が集まり、祈っていた(使徒12:12)。ルデヤはパウロたちを招き自分の家を使うよう申し出た(使徒16:15、40)。

エペソ(Ⅰコリ16:19)やローマ(ロマ16:3-5)には家の教会があり、ラオデキヤではヌンパの家が教会として用いられていた(コロ4:15)。ローマは大都市であり、かなり多くの家の教会があったと想像できる(参照ロマ16:14-15)。  (いのちのことば社『エッセンシャル聖書辞典』より)


当教会は聖書信仰を基準とするプロテスタントのキリスト教会です。

統一教会(世界基督教統一神霊協会)、エホバの証人(ものみの塔聖書冊子協会)、モルモン教(末日聖徒 イエスキリスト教会)とは関係がありません。

尚、これらの団体は伝統的キリスト教信仰とは異なるグループです。お悩みの方はご相談ください。